ノスタルジックな街「尾道」のおすすめスポット

広島県内だけでなく全国的にも有名な尾道は風情のある街並みや、山があり、海もあり、美しい自然を楽しめるとても素晴らしい所です。

尾道で紹介したい素敵なスポットやお店は挙げるときりがなく、一回の記事では紹介しきれないほどなのですが、今回も蜜を避けたお出かけをメインに私のイチオシのお店を紹介します。

尾道に行くならまず行って欲しい「Onomichi U2」

onomichi01

尾道駅から徒歩5分の場所にある「Onomichi U2」。

ここは尾道水道に面した場所に位置している海軍倉庫をリノベーションして作られた複合施設で、1階にはレストランやバー、ベーカリーショップや雑貨屋、サイクリングショップ等があり、サイクリストのためのホテルも併設されています。

外観の美しさはもちろんのこと、一歩お店の中に足を踏み入れると開放的な空間の中にスタイリッシュなお店が並び、とてもワクワクした気持ちになります。
onomichi02

おすすめは何と言っても焼き立てのパンが並ぶベーカリーショップの「Butti Bakery」(ブッチベーカリー)です。

店名は広島弁の「とっても」を意味する「ぶち」から名付けられたそうで、まさにここのパンを初めて食べた時は「ぶち美味しい!」と感動しました。

特にクロワッサンなどのデニッシュ系のパン生地のサクサク感は本当に素晴らしいと思いました。
クロックムッシュやカレーパンなどの惣菜系や食パン、フランスパン、どれを食べても本当に「ぶち美味しい」という言葉が出てくること間違いなしです。

天気の良い日には、桟橋に設けられているソファやテーブル席に座って尾道水道を走る船を眺めながら店内で買ったパンやドリンクをいただきながら寛ぐこともできます。

映えること間違いなしのインパクト大なフルーツパフェのお店「持ち帰りパフェberry」

尾道商店街の中程から少し路地に入った所にあるお持ち帰りパフェのお店「berry」。

メニューを見ると、いちごのパフェや、色とりどりのフルーツがふんだんに使われたパフェの数々に胸が躍ります。
onomichi03

メニューを見て、迷いに迷って「冷たくない冬パフェ」の中から「土台付きシフォンケーキパフェフラワー」を選んで注文しました。

オーダーしてから数分後、完成したパフェがカウンターに運ばれてくると、その圧巻の姿にびっくりします。
onomichi04

冷たくないパフェなのでアイスクリームではなく、いちごのムースやホイップクリーム、シフォンケーキなどが使われており、カットされたイチゴも四段になっています。

この日はまだ肌寒い時期でしたが、日差しがあり暖かかったので近くのベンチやテーブルがある公園でいただきました。

いちごが一段になっているパフェの「berry」から二段になっている「berryプラス」、今回注文した四段の「いちごフラワー」やいちごがパフェに乗るだけふんだんに使われている「いちご花火」、丸ごといちごが入った「いちごロック」など、
色々なサイズのいちごのパフェが一年中楽しめます。

見ても食べてもSNSに投稿しても、どれをとっても美味しいパフェをぜひ食べてみてください。

山の上にある小さな小さな小さなパン屋さん「ネコノテパン工場」

尾道でもう一軒、有名なパン屋さんを紹介します。
ここのパン屋さんに行くには尾道商店街から少し歩いて山側まで移動します。

光明寺というお寺の境内を抜けて「ネコノテパン工場」の看板を頼りに細い道を登っていくと、古民家をリノベーションした小さなパン屋さんに到着します。
onomichi05

このパン屋さんの面白いところはとにかく小さな小さなパン屋さんだということ。

店内に入ると畳一畳分のスペースがあるかないか程の空間に人が立てるスペースとパンが並ぶスペースが半分ずつ存在しています。

並んでいるパンもどれも小ぶりで可愛いものばかりですが、バリエーションがとても豊富でメロンパンやフレンチトースト等の甘い系のものからカンパーニュやベーコンエピなどのハード系、惣菜系など、どれにしようかな?と、この小さな空間で選ぶのもまたとても楽しい時間です。

お会計もちょっと独特で、店員さんとの商品の受け渡しや金銭授受は小さな小窓から行うシステムになっています。
onomichi06

お店やパンが可愛いだけではなく、パンの味は間違いなく、とても美味しくて小さな子どもの手のひらサイズなので子どものおやつやお友達へのお土産にもおすすめです。
onomichi07

尾道散策の締めくくりに「YAMANEKO MILL」のコーヒーを

我が家が尾道へ行くと、一番最後に必ず「YAMANEKO MILL」でコーヒーをテイクアウトして、車の中で飲みながら帰路につきます。
私は必ずラテをオーダーするのですが、いつも可愛いハートのラテアートを淹れてくれます。

こちらのお店は尾道でも有名な「Yamaneko cafe」と同じ「いっとくグループ」のコーヒースタンドで、尾道駅から徒歩5分程の尾道水道に面した場所にあり、コーヒーや季節のフルーツジュース、焼き菓子や有名な「尾道プリン」を購入することができます。

「尾道プリン」は「マツコの知らない世界」でも紹介されたことがあるとても濃厚でなめらかな美味しいプリンです。
onomichi08

もう少し多くの種類の中からプリンや焼き菓子を選びたい時は「YAMANEKO  MILL」からほど近い、国道2号線沿いにある「おやつとやまねこ」で
おうちおやつやお土産を選ぶこともできます。
onomichi09

今回はテイクアウトがメインの尾道の素敵なお店を4件紹介しました。

ぜひ、尾道に行かれた際は堪能してみてください。

名称
onomichi U2
住所
尾道市御所5-11
TEL
0848-21-0550
名称
持ち帰りパフェberry
住所
尾道市土堂1-3-16
TEL
0848-88-9272
名称
ネコノテパン工場
住所
尾道市東土堂町7-7
TEL
050-6864-4987
名称
YAMANEKO MILL
住所
尾道市東御所町5-2
TEL
0848-36-5331
名称
おやつとやまねこ
住所
尾道市東御所町3-1
TEL
0848-23-5082
(担当ライター:まるぱん子