子どもと日帰り三次旅♪君田温泉ともののけミュージアムを満喫♪

IMG_3264

すっかり、春めいた陽気になってきて、おでかけが楽しめる気候になってきました。

コロナの影響で、市内のおでかけにとどめていましたが、状況も落ち着いてきたので、お隣の三次市まで足を運んできました。

広島市からの日帰り温泉に最適な君田温泉「森の泉」と、コロナ禍になる前からずっと行きたかった、チームラボが手がける「三次もののけミュージアム」に行ってきましたので、旅の様子をお伝えします。

美人の湯。君田温泉「森の泉」で満喫

S__21561409

三次市内から車で20分。君田温泉にやってきました。

今回は日帰りで訪れた「森の泉」は、宿泊施設やレストランも備わっている温泉施設です。

木のぬくもりを感じる広々とした館内。

 

入泉料は、大人700円(中学生以上)、小人(小学生以下)350円、幼児無料(3歳未満)でした。

コロナ対策のため、入泉前に検温と当日の体調を所定の用紙に記入しました。

 

春休み前だったので、団体旅行客等もおらず、家族連れや、ご近所の方がちらほら見受けられる程度でした。

 

広々とした大浴場。

そして、露天風呂は緑に囲まれた、開放的な自然を堪能できます。

露天風呂は2種類あり、小さめの浴槽が二つ並んでいる方は少し湯温も低いので、子どもと入るのにちょうどよかったです。

 

すべすべお肌を作り出す美人の湯と、いわれている君田温泉の湯。

さらさらとしたお湯で、においなども癖がないので、子どもたちものぼせたりせずに入浴を楽しめている様子でした。

 

道の駅で採れたて新鮮野菜をGET

入浴後は同じ施設内にある道の駅「やすらぎの郷 ふぉレスト君田」にて、その日に採れたお野菜や特産品を購入しました。

IMG_3253

スーパーでは普段みかけない、巨大なめ茸を発見!

小ぶりの赤大根や、摘み立てのブロッコリー。不揃い卵もなんだか魅力的です。

道の駅での買い物は、現地でしか買えない食材と出会えるので、料理の幅を広げてくれます。
見たことのない野菜を食べるきっかけになり、食育にもつながります。

 

そんなわたしの真剣なお買い物には付き合わず、子どもたちはソフトクリームを堪能。

お風呂上りに、自然豊かな場所で食べるソフトクリームに、大満足のご様子でした。

S__21561412

三次もののけミュージアムで子どもも大人も大はしゃぎ

IMG_3262

君田温泉から、三次市街まで戻り、今回の旅の目的地「三次もののけミュージアム」に到着。

さっそく、入口で悪病退散のアマビエさんに出迎えてもらいました。

 

館内にはいたるところに、まるでゆるキャラのような妖怪さんたちが出迎えてくれます。

 

入園料

<チームラボ 妖怪遊園地をご利用の場合>

一般 600円 大学生・高校生 400円 中学生・小学生 200

<展示のみご観覧の場合>

一般 480円 大学生・高校生 320円 中学生・小学生 160

 

お子様連れなら、確実に「チームラボ妖怪遊園地をご利用」を選んでください!!

展示のみでも楽しいのですが、博物館の要素がほとんどで、子どもには少々難しい展示物も多く、10分ぐらいで飽きてしまいます。

妖怪遊園地は、展示コーナーの奥に設けられています。

定員制で時間で区切られているので、入館の際、チームラボ妖怪遊園地の入室時間が指定されます。

時間になったら、所定の場所に案内してくれる流れになります。

行った日は、日曜日の閉館ギリギリの16時頃ということもあって、待つことなく、スムーズに案内してもらえました。

 

展示コーナーでは、心の不安から生み出されてきた妖怪について、絵画や書籍、日用品、玩具などから、妖怪が人々の生活に密接に関わってきた様子を知ることができます。

 

IMG_3273

古い文献や、巻物などの展示品がたくさんさんありますが、それらに登場する妖怪がまるで浮き出たようなビジュアルの展示には子どもたちも釘付け。さすが、チームラボさんが手がけただけあります。

 

そして、お待ちかねの妖怪遊園地。

 

そこでは、家族単位でテーブルが用意されており、お好みの妖怪にクレヨンで色を塗る作業をしていきます。

IMG_3276

塗り終えたら、その絵をスタッフさんに渡し、スキャンしてくれます。

すると、先ほど塗った妖怪が壁面に投射され、自由気ままに動きだすというアトラクション。
IMG_3280

わが子が選んだのは、妖怪ではなく、普通の女の子!

かわいいワンピースを着せてあげたようです。

彼女の周りに、妖怪たちが集まってきます(笑)

 

描いたキャラクターを直接タッチすると、飛んだりはねたり、踊りだしたり!

コミカルな動きをしてくれます。

IMG_3294

子どもだけでなく、大人も思わず夢中になってしまいました。

自分の描いたキャラクターが、まるで自分の分身のように思えてしまうから不思議。

 

妖怪というと、怖い印象を持っている人が多いと思いますが、もののけミュージアムにくるとなんとも愛らしい存在に思えてきます。

 

大昔の日本人は、もしかしたら、こんな風に、妖怪たちと仲良く過ごしていたのかもしれませんね。

「子どもと日帰り三次旅♪君田温泉ともののけミュージアムを満喫♪」をご紹介してきました。

君田温泉では、ゆったり自然を感じながら、のびのびと温泉を楽しむことができました。

そして、三次もののけミュージアムでは、本物の妖怪と一緒に遊んでいるような感覚で、子どもも大人も童心に帰って楽しむことができました。

 

ぜひ、気候の穏やかな季節に三次の旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

名称
君田温泉 森の泉
住所
三次市君田町泉吉田311−3
TEL
0824-53-7021
名称
三次もののけミュージアム
住所
三次市三次町1691−4
TEL
0824-69-0111
開館時間
9:30~17:00(16:30 最終入館)
休館日
原則毎週水曜、年末年始 ※休日の場合は翌日
(担当ライター:住岡文子