子連れキャンプに行ってみよう!!

皆さんはキャンプと聞くとどんなイメージですか?
我が家は5歳の男の子と夫と私の三人家族。三人ともキャンプが大好きです♡

キャンプは大自然の中でバーベキューしたり、虫の音を聞いたり、川遊びしたり、
虫捕りしたり、大人にとっても子どもにとっても楽しいお出かけイベント!
大自然の中で虫の音や木々のざわめき、川のせせらぎを聞きながら食べるバーベキュー、
星空を見ながら飲むお酒は格別です!!

我が家のキャンプの楽しみ方

kozurecamp01
お昼ご飯を道中で食べて14時頃までには予約したキャンプ場に到着
テントの設営(子どもは遊びタイム)
ちょっと休憩してから日が暮れる前に近くのスーパー銭湯で日帰り入浴
夕暮れを見ながらBBQの準備
まったりBBQタイム&星座鑑賞&デザートは炙りマシュマロ
花火タイム
21時頃キャンプ場のルールに従って就寝
(次の日はゆっくり起きて朝ごはんを食べてひと遊びしてから片づけをして撤収)

キャンプ場のチェックインの時間にもよりますが、なるべく早く到着して時間いっぱい楽しめるようにしています。
暗闇の中をランタンの光だけで過ごしたり、
天気によっては満天の星空が見られたり、大自然の魅力を五感で楽しめます。

朝もカーテンなんてないので陽射しの明るさで目覚めるんです。
なんて健康的!しかも目覚めはばっちりです。

おしゃれキャンパーではないので夜ご飯はもっぱらBBQ。
そして我が家は大人が二人とも寒がりなので(笑)、もっぱら春夏秋に行きますね。
いつか装備を整えて冬のキャンプにもチャレンジしてみたいなあ。

子どもの教育にもいい影響があるとか?


kozurecamp02
kozurecamp03

この前の夏も行ってきたよ

去年の夏ももれなくキャンプ場に出かけました。
ここ数年お気に入りのキャンプ場は安芸高田市にある
「OutdoorFunキャンプフィールド(旧ほととぎす遊園)」です。
(詳しくはこちら→OutdoorFunキャンプフィールド | 安芸高田市)

オートキャンプ場まで車の乗り入れ可能、敷地内に遊べる川や遊具あり、
とても静か、ゴミ回収箱あり、広島市内から約一時間で行ける距離、
等々我が家のお気に入りポイントが沢山押さえられているんですよね。
近くに「神楽前湯治村」という日帰り温泉スポットがあるのもポイントです。

昼食後に出発し14時くらいに到着してから、夫がテント設営している間に私と息子は川遊び。
おやつを食べながら少し休憩してから温泉に行きました。
帰る途中でBBQの材料を買ってから夕暮れ前にキャンプ場に戻りました。

少しずつ落ちていく日を見ながらゆっくり準備して、
お酒(子どもはもちろんジュースですが)を飲みながらのBBQタイムです。
山の中ってとっても涼しいので焚火をしていても真夏でも暑くなくとっても気持ちいいんですよね。
子どもは普段見ることのできない満天の星空に大興奮していました。
芝生に寝転んで空を眺めるというのも特別な経験です。

そんなまったりタイムを過ごしているとキャンプ場のオーナーさんがやってきました。
何かな?と思っていると・・・・、「僕、ホタル見たことある??」と息子に聞いています。
そう、川の近くでホタルが見られたんです。
ちょうどホタルの季節の訪問だったのでタイミングよく貴重な体験をすることができました。

時にこんなスペシャルな出来事が起こるのもキャンプの醍醐味ですね。

まとめ

昨年はコロナ渦で出掛けられる場所が限られてくる中、
安心してお出かけできるスポットとしてキャンプ人気が高まりましたね。

キャンプ場は密を避けながらも、大自然の中で特別な経験ができて、
日頃のストレス解消にもなる、一石二鳥にも三鳥にもなるお出かけスポットです。

今年の春夏は家族みんなでキャンプ場に出かけてみてはいかがでしょうか。

(担当ライター:サニー