百均でこのクオリティ!組み立てクラシックハウス!

最近の百均にあるおもちゃって、種類も豊富だし、デザインも可愛いし、クオリティもすごいと思いませんか?


ひと昔前の百均のおもちゃって言ったら、すぐに壊れてしまったり、種類も全然なくて、すぐに飽きてしまったり・・・、そんなおもちゃが多かった印象があります。

 

今回は、そんな数ある百均のおもちゃの中から、「組み立てクラシックハウス」をご紹介します。セリアに行ったときに娘が見つけて、「これ買ってみる!」と嬉しそうにカゴに入れて、帰ってからすぐに取り掛かりました。

 

最初は「百均だし、すぐに壊れるんじゃない?うまく組み立てられないんじゃない?」なんて失礼なことを思っていましたが、全然そんなことはなかったです。

 

パッケージはこんな感じです。

f983ff4ed9fdf83ae1371c757c017f51

百均でこんなに可愛いおうちが出来るの?と思うほどの出来上がり写真ですよね。


組み立てていく途中で、星のマークや音符のマークを探していきながら作っていきます。同じ番号やアルファベットを組み合わせていく流れとなっています。


糊やハサミを使わないので、手や机が汚れたりする心配はないのが嬉しいですね。

開けてみたらこんな感じ。

83e82b8eb7811c54ced1c8cdddf4e59e

まず、開けてみたらこんな感じで、型をくり抜いてから組み立てていく感じになっていますね。


思ったより、厚紙自体がしっかりしています。これなら簡単に折れたり壊れたりすることはなさそうです。

では、最初に型をくり抜いていきます。

0b084fcda3267134ea084a135a06d67a

型をくり抜いていくのに、便利なのが爪楊枝


爪楊枝は付属していませんので、おうちにあるものを使ってくださいね。


私が何も言わずに、娘が自分から爪楊枝を持ち出して、細かい型をくり抜くのに使い始めたので、「それいいね!」って思わず言いました。

 

大きな型をくり抜きながら、小さな穴もくり抜きながら、まずは全部のパーツを外していきます。

b27c32a173fc27dde5e77f71d10ce820

くり抜く穴も小さかったりしますが、パーツ自体も小さいものがありますので、間違って捨てないように注意してくださいね。


すべてのパーツには折り目が付いていますので、無理やり折ったりすることはありませんので、キレイに折れます。

実際に組み立てていきましょう。

97f7736c33531033d0841e71b66f1920

まずはおうちの大枠を折って、四角く組み立てます。同じ数字やアルファベットに差し込んでいくだけなので、簡単に組み立てることができます。


また同時に、おうちの中に置くソファも組み立てます。これもほとんど折って差し込むだけで、できるので簡単です。家具まであるってほんと細かいですよね。


それに家の中のデザインもすごく細かくて可愛いんですよ。窓はきちんと開くようになっているし、壁には時計もデザインされています。最終的には屋根を取り外さないと見えないものなのですが、見えないところまできちんとデザインされている、この細かさはすごいですよね。


3c4473b9ee481466d24a0cb0f964fbaa

このハウスは真正面の玄関からだけではなく、2階のサイドにも玄関があります。まるで二世帯住宅のようですね。

2階のサイドの玄関に続く階段やバルコニーも作っていきます。難しそうに見えますが、これも折って差し込んでいくだけ。


数字と数字を合わせて階段をひとつずつ差し込んでいくので、難しそうな階段も迷うことはありません。

ce8661e51fff7af9138add9a957a0e3f

組み立てるのはおうちだけではありません。


おうち自体を立てる広場もあります。この広場には、街灯があったり、郵便ポストがあったり、テーブルや椅子だってあります。この小さなパーツも、もちろん折って差し込むだけなので、簡単にできちゃいます。


組み立てている最中で感じたのが、見た目のパーツがなんとなく多すぎるかな?混乱しないかな?と思いながら見ていましたが、パッケージの出来上がりの絵を見ながら簡単に差し込んでいっていました。

出来上がりました!

3ba927e21a6ba0dcf0f1e16825d350b7

実際に出来上がったのが、こんな感じです。


このおうちに住む子は女の子3人。可愛いですね。出来上がりもほぼパッケージどおりに仕上がりました。


でもさらにここでもまた細かいポイントがあります。この女の子たち、普通に立たせることも出来るのですが、台座を外すと、階段やバルコニーやお庭に差し込んで立たせることもできます。


5605b5f6bfac9a49a6b716eb8fbab64a

今回は青いクラシックハウスを作りましたが、写真のような赤い種類のタイプのクラシックハウスもあるので、2倍楽しめますよ。


また、ただの色違いではなく、家自体のデザインも違うので、2つ作って飾ると可愛いかもしれませんね。


いかがでしたか?今回紹介した組み立てクラシックハウスは、小2の娘が一人で約一時間かかりました。


未就学児だと最初は少し大人の手伝いが必要だと思いますが、基本は、型をくり抜いて、折り目を折って、記号や数字を合わせて差し込むだけなので、難しい作業はありません。説明書がなくて、出来上がり写真を見ながら組み立てるので、感覚だけで作っていけます。


こんなに簡単なのに、出来上がったら予想以上のおうちになるので、子どもの自信にもなると思いますよ。

 

今回はセリアで販売していた組み立てクラシックハウスでしたが、他の百均にもこういった組み立てハウスがありそうなので、また探してみようかなと思います。


(担当ライター:近藤恵