丸一日遊べる!楽しめる!道の駅湖畔の里福富


最近少しずつ暖かくなってきましたね。

天候にも恵まれる日が多く、外遊びが楽しい季節になりました。

そんな天気に誘われてわが家は久しぶりに東広島市にある「道の駅湖畔の里福富」という大きな公園へ行ってきました。

道の駅湖畔の里福富1

道の駅湖畔の里福富とは


道の駅湖畔の里福富とは県営福富ダムの湖畔にある道の駅です。

たくさんの大型遊具のあるふれあい広場やデイキャンプ場、特産品などが売られている直売所、レストランなど複数の施設があります。

子どもはもちろんのこと大人も間違いなく楽しめると思います。

ここに来れば1日子どもは遊び倒せると思います。

お弁当を持って行かなくてもレストランで食事をしたり、お弁当やパンを購入したりすることができるので、本当に手ぶらでお出かけできるわが家おすすめのスポットです。

子どもは遊具で遊び、大人は直売所で野菜や特産品をお土産として購入して帰るという楽しさがありますよ。

何度でも行きたくなる施設ではないかと思います。

ふれあい広場

道の駅湖畔の里福富2

この施設の中で未就学児から小学生頃の子どもさんが一番喜ぶのはここではないでしょうか。

こちらでは21種類のアトラクションが無料で楽しめます。

未就学児用の比較的安全なアトラクションもあります。

しかしこの公園で一番の目玉アトラクションと言えばこの長いローラーすべり台!
高いところからぐるぐると降りてくるこのすべり台は、しょっちゅう順番を待つ子どもたちの行列ができるほどの人気ぶりです。

道の駅湖畔の里福富3

私たちが行った際は「バンジーバンジー」いう、トランポリンの上でバンジージャンプのような体験ができるイベントが開催されていましたよ。

どうやら1回800円で約3~5分程度体験できるようでしたが、わが家の子どもたちは怖がったため体験させることはできませんでした(笑)

こちらのイベントは不定期開催のようなので、試してみたい方は事前に湖畔の里福富へお電話などで確認されたほうがいいと思います。

他にも季節によって様々なイベントが開催されているようなので、イベントに参加してみたい方は公式ホームページやお電話でご確認をお願いします。

道の駅湖畔の里福富4

多目的グラウンド


こちらではサッカーやソフトボールなどの球技やその大会などを行うことができます。

有料で予約制ですが夜間のナイター設備もあるので、スポーツクラブチームにとってはよい練習場所になるのではないでしょうか。

スポーツだけでなくイベント会場としても使用されているようです。

道の駅湖畔の里福富5

道の駅


この中にレストランや野菜や特産品を取り扱っている直売所が入っています。

お腹がすいたらここへ来るのがおすすめ。

お米や季節の野菜、手作りパンなどが売られているのでお土産として買って帰るのもいいですね。

ここに来るたびにわが家も何か買って帰っています。

特産品だけでなくスーパーやコンビニで売られているようなジュースやお菓子も置いてありますよ。

道の駅湖畔の里福富6

デイキャンプ場


こちらも有料かつ予約制の施設ですが県営福富ダムのそばでバーベキューを行うことができます。

コンロやタープのレンタルも別途料金が必要ですが可能のため、バーベキューセットを持っていないという方も飲食物の持ち込みだけでバーベキューすることも可能なようです。

ふれあい広場のそばにあるので、大人がバーベキューの準備をしている間に大きな子どもさんでしたら子どもだけで広場の遊具で遊ぶことも可能ですね。

こちらのデイキャンプ場はとても人気のようで、予約サイトをのぞいてみると土日祝日はほとんど予約でいっぱいでキャンセル待ちの状態でした。

土日祝日に利用したいという方は早めの予約をおすすめします。

公式ホームページ上の予約サイトからいつでも予約可能となっています。

※デイキャンプ場予約サイト:https://coubic.com/fukutomi-camp/services

 

デイキャンプ場があるのは何回もこの道の駅湖畔の里福富を何度も訪れている私も、公式ホームページを見るまで知りませんでした。

こちらもまた次回以降行く際は利用してみたいと思います。

 

 いかがでしたでしょうか。

こちらの施設は本当にわが家のおすすめスポットで、年に何度も行っています。

何度行っても飽きないのがこの施設の魅力だと思います。

新しい公園探しをされている保護者の方に少しでも参考になったらうれしいです。

名称
道の駅湖畔の里福富
住所
東広島市福富町久芳1506
TEL
082-435-2110
営業時間
平日 9:30~18:00、土日祝日9:00~18:00
定休日
水曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始
ホームページはこちら
(担当ライター:はるママ)