international_tittle02

第21回:行動と学習

 はじめて子供が学齢期に達した時、教育が大切なことは重々理解しながらも、特に小学校低学年の子供が受ける教育過程の実際の目的について、真剣に考えを巡らすことはあまりありませんでした。
 教育の目的は特別な知識や技能を持ち合わせた生徒を育てることです。この技能とは、教科書に載っている内容を記憶し、テストのために教科書の内容を繰り返し学習し、それから次の項目に進んでいくという形です。しかしこのような学習では今までの学習内容を忘れがちです。特別な知識や技能を持ち合わせた生徒を、大学受験で選び出すことが教育本来の目的であるのなら、我々の教育システムは大変よく機能していることになります。しかしながら、世界中の親が自問しているのは、これが本当に子供たちに受けて欲しい、社会が求めている教育なのかということです。
 私は、子供へのあらゆる教育の可能性を探しておられるご家族と話をさせてもらう機会が頻繁にあります。お話を伺うと、安全な環境のもと、子供ひとりひとりがきちんと評価されることを、多くの親御さんが望んでおられるのだなということを感じます。
 私たちは社会貢献を通じて人としての自分の価値を見出していくので、暗記型学習の伝統的な教育では、なかなか見出しにくいのではないかと思います。あらゆる事柄の理解は知識から由来しているので、知識を蓄えるのはとても重要です。しかし教育システムにおいて、知識は出発点であるべきでゴールではありません。
 探求、行動、振り返り、これらは国際バカロレアプログラムの重要な構成要素なのですが、多くの教育システムにおいても、自主的に学ばせるために子供に探求をさせる所が増えてきたようです。今までの学習過程を振り返り、自分が持っている知識を使いながら行動を起こすのです。社会やコミュニティーへの貢献や行動を起こすことは学びの過程でかかせないからです。
 学習本来の目的は、我々が行動を起こすことを可能にする知識、技術、理解力、学習態度のセンスを育てることであるべきです。プラスチックの化学合成を学ぶことで、リサイクルについて考え、行動の幅が広がるように、学びは社会貢献への行動力を与えてくれる道具になります。学習者として子供たちには価値があり、評価されるべきです。このことを子供たちにも感じて欲しいと思っています。


広島インターナショナルスクール